サーミコン式脱毛とは

サーミコン式とは近年開発された脱毛方法で、熱線式とも呼ばれます。

その名の通り、電気で熱したワイヤーを使って毛を焼き切り、さらにその熱で毛根にもダメージを与えて毛が生えにくくするという脱毛方法です。

即効性はありませんが、何度も使用しているうちに次第に毛根へのダメージが蓄積し、少しづつ毛が薄くなっていきます。
サーミコン式は家庭用脱毛器にも取り入れられていますが、他のタイプの脱毛器に比べて安価であり、消耗品もないのでコストパフォーマンスに優れているというメリットがあります。また、使用に下準備がいらず、ムダ毛のある肌に滑らせるだけで簡単に処理ができ、ワイヤーは直接肌に触れないので痛みはなく、肌へのダメージも少なくて済みます。



音もほとんどしないので使いやすさは抜群と言えます。


構造上小型にしやすく、充電式の小型機器は持ち運びに便利で、旅行中でも使用できるという利点もあります。
デメリットとしては、小型であり、肌の上を滑らせるという使用方法の関係上、広い場所や入り組んだ場所の処理が難しいということ。



つまり全身脱毛がやりにくく、どちらかというと部分的な処理に向いていると言えます。
また、高熱のワイヤーを使用しているため、処理中に煙が出たり、毛の焼けるにおいがしたり、肌に押し付けすぎるとワイヤーが肌に触れて火傷する危険があります。

火傷を防ぐためにはなるべくスピーディーに肌の上を滑らせる必要があり、若干の慣れが必要かもしれません。

脱毛のお悩み解決サイト